むくみ ふくらはぎ 筋肉

ふくらはぎに筋肉があったらむくみはなくなる?


ふくらはぎに筋肉があったら、むくみが改善されるかもしれません。

ふくらはぎの役目は、古くなった血液を心臓へ戻す事。

つまり、ポンプのような役割があります。

けれど、ふくらはぎに筋肉がなく、脂肪ばかりのブヨブヨとした状態だったら?

ポンプ機能が弱くなり、下半身の血液が心臓へ戻らないばかりか、老廃物が下半身に滞ってしまいます。

同じように水分も溜まり、結果としてふくらはぎのむくみとなって現れてしまうのです。

ふくらはぎに筋肉があったら、余計に脚が太く見えない?と心配されるかもしれませんが、まずはふくらはぎのポンプ機能を強化させる事が、大切です。

その結果、むくみが改善されると、それだけ脚も細く見えるようになりますよ。

ふくらはぎの筋肉を鍛える方法ってある?


ふくらはぎの筋肉を鍛える方法には、次のようなものがあります。

・つま先立ちを繰り返す
・軽いジョギング
・とにかく歩く

つま先立ちを繰り返していると、それだけでふくらはぎが鍛えられている事が実感できると思います。

ただ、動作はゆっくり、決してムリをしないようにしてください。

テレビを見ながら、歯を磨きながらと、ちょっとした時間にどこでもできますので、気が付いた時にやってみましょう。

軽いジョギングも、ふくらはぎの筋肉が鍛えられます。

健康維持の為にも、毎日続けるようにしたいですね。

ジョギングをする時間もない方は、とにかく歩くだけでも効果があります。

毎日の通勤は階段を利用する、1駅分ぐらいだったら歩く、といった気持ちでいる事が大切です。

また、ふくらはぎの筋肉を重点的に鍛える筋トレに「カーフレイズ」というものがあります。

やり方は簡単で、足首が上下出来る台に立ち、体がグラグラしないよう壁などに手をついて、そのままつま先立ちになります。

その状態で背筋を伸ばし、ゆっくりとかかとを下げます。

この動作を、20回程度繰り返すだけ。

ポイントは、ふくらはぎ部分を意識して、ゆっくりと行う事です。

手にダンベルを持ち、負荷をかけてから行うやり方もあります。

ふくらはぎの筋肉をほぐす方法は?


ふくらはぎの筋肉をほぐす方法は、やはりマッサージでしょう。

マッサージには、筋肉をほぐすだけではなく、リンパの流れを良くする効果もあります。

すると、ふくらはぎに溜まっている老廃物もスムーズに排出されるようになりますので、むくみが解消され一石二鳥ですね。

特に、ふくらはぎの筋肉を鍛えた後は、筋肉が固くならないよう、定期的なマッサージをオススメします。

ふくらはぎの筋肉が鍛えられて、そのままカチカチになってしまうと、ほっそりした脚ではなく筋肉質な脚になってしまいます。

また、マッサージを行う際はリンパの流れに沿って、老廃物を流すイメージで行ってくださいね。



TOP PAGE
inserted by FC2 system