むくみ ふくらはぎ 取れない

ふくらはぎのむくみが取れないのは何故?


ふくらはぎのむくみが取れないのは、間違った方法を試しているからかもしれません。

たとえば、ふくらはぎがむくんでいるのは、水分が溜まった状態だからですね。

その為、水分を摂らなければむくむ事もないだろう、とは思ってはいませんか?

これは大きな間違いで、水分を摂取しないと体は水不足となってしまい、逆に水分を溜め込もうとしてしまいます。

だから、ふくらはぎにも水分が溜まるようになるのです。

十分な水分を摂取する事で、細胞への水分の受け渡しがスムーズになり、むくみも改善されるでしょう。

また、ふくらはぎに筋肉がつくと、それだけでむくんで見える、と思っている方も多いようですが、それも間違いです。

ふくらはぎに適度な筋肉がついていないと、下半身の血液を心臓へ押し出すポンプの力が弱くなりますね。

その結果、老廃物がふくらはぎに溜まり、むくみとなって現れてしまうのです。

むくみが取れない、と悩んでいるようでしたら、まずは十分な水分を摂るようにし、ふくらはぎの筋肉を鍛えるようにしてみましょう。

デスクワークだとふくらはぎのむくみが取れない?


デスクワークだと、むくみが取れない場合が多いです。

これは、同じ姿勢を長い時間続ける事に、原因があります。

同じ姿勢を続けていると、下半身の血液やリンパ液などの流れが悪くなりますね。

すると、細胞同士の水分の出入りも鈍くなり、結果としてふくらはぎのむくみとなるのです。

また、イスに座っている状態だと、足の重さで太ももの裏側が圧迫されてしまい、血行不良となります。

けれど、仕事がデスクワークだと、仕方ありませんよね。

そんな時は、1時間に1回程度、座った状態で足をまっすぐに伸ばし、足首をグルグル回してみましょう。

これだけでも血液がスムーズに流れるようになりますし、同時に太ももの筋力も鍛えられて、太い脚にサヨナラできますよ。

立ち仕事だとふくらはぎのむくみが取れない?


立ち仕事だと、ふくらはぎのむくみが取れない場合が多いです。

これも、デスクワークと同じように、同じ姿勢を長い時間続けているから。

特に立ち仕事は、重力の関係で血液や水分が、どんどん下半身に溜まりやすくなってしまいます。

それでも、体を動かしていればスムーズに循環されるようになるのですが、美容師さんや販売員さんといった仕事では、同じ場所にいる事が多いと思います。

すると、やはり血液やリンパの流れも悪くなるのですね。

改善する方法は、休憩時間などでイスに座った時に、マッサージを行うようにしてください。

その際、足の付け根付近も忘れずに。

足の付け根付近にはリンパ節があり、むくみを解消をする重要なポイントです。

丁寧にもみほぐすようにしましょう。



TOP PAGE
inserted by FC2 system