むくみ ふくらはぎ 原因

ふくらはぎのむくみの原因には何がある?


ふくらはぎのむくみの原因としては、次のような事が考えられます。

・血行不良
・塩分の摂り過ぎ
・冷え性
・病気

まず、最も考えられる原因のひとつが血行不良ですが、これは同じ姿勢を長時間続けている事で起こります。

座りっぱなしのデスクワークや、立ちっぱなしの仕事をされている方でしたら、少なからず経験があるでしょう。

このようなふくらはぎのむくみは一過性のもので、ひと晩寝たり、お風呂にはいったり、マッサージをしたりしたら解消される、といったむくみです。

塩分の摂り過ぎでも、むくみが発生します。

私たちの体は、塩分の濃度を常に一定にしようと動いていますので、塩分の多い食事が多いとその塩分を薄める為、体に水分を溜め込もうとします。

その水分が、むくみとなるのです。

冷え性も血液の循環が悪くなりますので、下半身に古い血液が滞るようになり、むくみへと繋がります。

また、一番怖いのは病気が原因でむくみが出ている場合です。

心臓障害や肝臓や腎臓の障害、下肢静脈瘤といった病気を発症していると、ふくらはぎにもむくみが出るケースが多いので注意が必要です。

運動不足はむくみの原因になる?


運動不足はむくみの原因となります。

まず、運動不足で考えられる事は、筋力の低下です。

ふくらはぎの筋力が低下していると、古い血液が下半身から心臓へ押し出される、ポンプの力が弱くなります。

同じように、リンパの流れも悪くなりますので、老廃物が下半身へ溜まり、むくみとなります。

また、運動不足で体を動かしていないと、おのずと血流も悪くなりますね。

血流が悪くなっても老廃物が外部に排出されませんので、結局むくみが出てきます。

下半身は特に、重力の影響で血液やリンパ液、また老廃物も溜まりやすくなります。

その為、ふくらはぎもむくみやすくなるのです。

ふくらはぎのむくみが気になり、運動不足を自覚しているのであれば、すぐにでも適度な運動を行うようにしましょう。

体を動かすだけで血流が良くなりますので、むくみの改善がかなり期待できるようになりますよ。

寝不足はむくみの原因になる?


寝不足はむくみの原因になります。

寝不足の際に、なんだかふくらはぎがむくんでいるな、と感じた事はありませんか?

私たちの体は、夜寝ている間に体に酸素を循環させ、新しい細胞と入れ替えてその日の疲れを癒しています。

それが寝不足で、十分な睡眠時間が確保されない場合、疲れが解消されず、疲労や老廃物が体に蓄積されるようになるのです。

これが、むくみの原因となります。

また、寝不足はストレスを招きます。

ストレスを受けると全身の血流も悪くなりますので、むくみの原因となりますね。



TOP PAGE
inserted by FC2 system