むくみ ふくらはぎ 筋トレ

ふくらはぎのむくみは筋トレで改善できる?


ふくらはぎのむくみは、筋トレで改善できる可能性があります。

そもそも、ふくらはぎがむくんでしまうのは、下半身に老廃物や古くなった血液が溜まっているから。

つまり、血液やリンパ液の循環が悪くなっている為に、細胞間の水分のやり取りもスムーズに行えず、むくんでしまう訳ですね。

その原因のひとつに、ふくらはぎの筋肉量が少ない事が挙げられます。

ふくらはぎの筋肉が少なければ、それだけ古くなった血液を心臓へ送り出すポンプの力も弱くなります。

その為、筋トレによってふくらはぎの筋力を強化し、ポンプの力を強くするのです。

ふくらはぎがむくみがちの女性は、筋トレをしてふくらはぎに筋肉がつく事を心配するかもしれません。

けれど、ふくらはぎの筋トレをする事で、代謝がスムーズに行われるようになります。

すると、自然とむくみが解消され、ふくらはぎも細くなるのです。

むくみを解消する為に筋トレしたら体重って増えるの?


むくみを解消する為に筋トレをした場合、もしかしたら一時的に体重が増えるかもしれません。

これは、筋トレをする事でふくらはぎの筋肉が微妙に損傷し、その筋繊維が水分を溜め込みやすい状態になってしまったからです。

もしかしたら、ふくらはぎも一時的に太くなっているかもしれませんね。

けれど安心してください。

これは、筋トレによって筋肉が増加し、ふくらはぎが太くなっている訳ではありません。

もし、筋トレの影響でふくらはぎに筋肉痛が残っていれば、その筋肉痛が解消される頃までには、体重は元に戻っているはずです。

また、ふくらはぎの太さは、筋肉が強化される事によってむくみが改善されますので、もしかしたら細くなっているかもしれませんね。

キツイ筋トレをしなくてもふくらはぎのむくみってとれるの?


キツイ筋トレをしなくても、ふくらはぎのむくみをとる事はできます。

確かに、筋トレと聞くと、ジムに行く等のハードなトレーニングをなんとなくイメージしてしまいますよね。

けれど、ふくらはぎのむくみを改善させる筋トレは、そんなに大変なトレーニングではありません

ふくらはぎの筋肉を刺激して、下半身の老廃物を心臓へ押し出す力を強くする事が目的です。

筋肉は、動かす事で血流が良くなる事が分かっています。

筋トレはムリだけどストレッチぐらいなら、といった方は、むくみを感じたらつま先立ちをしてかかとを上げ下げする動作を、何回か繰り返すようにしましょう。

フラつくようでしたら、壁に手をあててバランスをとっても大丈夫です。

ふくらはぎの筋肉を意識してかかとを上げ下げするだけで、血流が良くなります。

すると、むくみも解消されてくるでしょう。



TOP PAGE
inserted by FC2 system